一人暮らしでフェレットは飼える?正直なところ話します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
冬のハンモック ㍉太郎

生き物…好きですかー!!

一人暮らしも少し慣れてきて、生き物が飼いたいなあ、ハムスターたちもかわいいけれど、もう少し大きな生き物…そうだ、フェレットはどうだろう?というあなたに考えてほしいことがあります。

結論から言うと、一人暮らしでもフェレットは飼えます!

でも、気を付けてほしいことや大変なこともたくさんあるので、勢いだけで飼うのではなく一度考えてほしいな、と思い記すことにしました。

Sponsored Links

 

フェレットってどんな生き物?

ペットショップでよく見たことある、ハンモックみたいなものに乗っててだいたい寝てる長いやつ、そんな感じじゃないでしょうか。

間違っておりません。家にいてもそんな感じでございます。

冬のハンモック ㍉太郎

ハンモックで眠そうな冬の ㍉太郎。もうすぐ1歳のボーイズです

 

元来匂いが強い生き物です。日本にいるフェレットはほとんどが輸入ですが、その際に臭腺除去手術をされているため、そこまで耐えられない程臭くありません。(後述します)

また、去勢手術もほぼ全てのフェレットが済んでいるので繁殖することもありません。ノーマルフェレットと呼ばれる去勢されていない子達もいますが、通常のペットショップでは販売されていませんし、繁殖にはライセンスが必要です。

なので、オスメス同時に飼ったりすることも可能です。たくさんのフェレットを飼っているお家もよくありますね。

もちろん、必ず仲良くなるわけではないので注意しましょう。仲良くしてね!と一緒に飼い始めたのに、喧嘩ばかりで同じ時間に放牧できず世話が二倍に…なんてことも多々あるパターンです。

 

 

病気になりやすい生き物である

生まれてすぐ、小さな頃にいくつかの手術をしているフェレットは、それが原因でホルモン系、特に腎臓の病気になりやすいとされています。

人間の風邪やインフルエンザも感染りますので冬場は注意が必要です。㍉太郎も季節の変わり目には鼻を垂らしておりました。

それに犬や猫がかかるフィラリア症(蚊に刺される病気)にもなるので、予防接種が必要になります。これも色んな意見があるのですが、できればしておいたほうがいいかなと思います。中にはしなくても良い、という方もいますが、こればっかりはわかりません。我が家ではフェレットを実家に連れて行くときやお散歩させる時外に出すことがあるので必ず接種しています。

5歳を超えると何かしら病気になる生き物。ペット保険もありますが、そのために他の小動物よりは若干高めの設定になっていますし、毎度の病院では高くつく事もしばしば。

ちなみにうちの㍉太郎の

㍉太は小さな頃、ペットショップで体の大きな子と入れられており、細い細い体をしていました。

今までハムスターやデグー、ウサギなど草食動物は飼ってきましたがフェレットのことはあまり知らず、小さい子だね〜くらいにしか思っていなかったのですが、数日経って体調が急変。どうやら栄養失調気味だったようです。◯ごペットめ!!

救急病院へ駆け込み、小さな体に点滴を打ってもらい、次の日病院へ。

ジアルジアというフェレットには珍しい寄生虫に毒されており、連日病院通いでどんどんお金が飛んで行きました。

お迎えした日に保険に入り、その頃はまだ働いていたので難なく生活する事が出来ました。いやあよかった…

小さな頃の㍉太郎

来てすぐの頃。ちいさすぎて手に収まるほどだった

やっぱり臭いはキツめ

臭腺を除去していると言っても、ウサギなどの草食動物に比べるとやはり獣臭はキツめ。

ワンルームで暮らしている人が飼い始めた場合、部屋中のその臭いにすっかりやられてしまう、なんてこともあるかもしれません。(ベビーの頃は臭いがキツめなので余計に)

フェレット達は布に潜るのが大好きなので、服をその辺に放置しているとすぐ潜って遊び、臭いが付きます。うちの場合はパジャマなどは常にイタチ臭がします。笑

排泄物もコロコロウンチではないし、肉食なのでやはり草食に比べると臭います。掃除は朝晩小まめにしてあげた方が良いでしょう。ちなみにトイレは教えてあげれば大体の子が覚えるので大丈夫です。

ただ、このイタチ臭は個人差はあると思いますが、慣れます。

少なくとも私は慣れました。外でイラッとした時などにマフラーからフェレットの香りがするとホッと落ち着きます。ああ、フカフカの、フェレットが、嗅ぎたい…スンスン…みたいな…

人によっては本当に無理!!という方もいるようです。こればっかりはなんとも言えません。

私は納豆が好きですが、友人は足の臭いを思い出すから絶対食べたくないと言うので、それと同じようなものかと( ´’ω’`)違うか

 

良いところもたくさんある

もちろん、良いところもたくさんあります!

1つは、フェレットはよく眠る生き物です。なので仕事前の朝や帰ってきてから、1時間ほど放牧してあげれば、あなたが留守の間は寂しがる事なくたくさん眠るでしょう。

なので、留守中あまり心配することはありません。

2つは、すごくよく懐きます。

顔を合わせる時間を伸ばすほど、名前を呼べば走ってくるような子になります。

カジカジと手の中で甘えてくる事も。(ちょっと…いやまあまあ痛いけども)

かじっている㍉太

めっちゃかじってくるのは、多分甘えているつもりなのだろう

 

賢い子に根気強く教えれば、芸をしたり、言葉を理解しているかのように行動を取ったりする子もいます。

㍉太は、芸はしませんが、遠くにいても名前を呼べば出てきて、足の周りをついてきてはやんややんやと踊っています。

(フェレットは喜ぶと頭をブンブン振って踊るような動きをします。ウィーゼルウォーダンスと呼ばれるもの)

素直で小さな子どものように一緒になって遊べると思います。

 

結論:フェレットはかわいい

強引なまとめになりますが、他の小動物に比べるとお金はかかるけれど、フェレットは、かわいい。

これは間違いありません。

でも、飼いにくいところも多々ある生き物だと思います。

本当に最後まで責任を持ってお世話してあげられるか、一度考えてみてくださいね。

でも!!是非楽しいフェレットライフを送って欲しいと思います。

 

 

Sponsored Links
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*