NieR RepliCant (ニーアレプリカント)を今更クリアしたわけですが

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ええ、本当に今更です。2010年発売。

f:id:miminaga_alcea:20190328213830j:plain

ニーアオートマタ、ならご存知の方は多いのではないでしょうか。

白髪の目隠しした女の子・男の子が主人公のゲームで、絵が確か元スクエニの吉田明彦さんで、FFやブレイブリーデフォルト描いてる人でめっちゃかわいいのです。

オートマタはまだやってないので何も言えないのですが、人気かつキャラクターも魅力的なオートマタをやりたい。しかしこれは話は繋がってないが2らしい。1をやらねば…ということでPS3を引っ張り出してやり始めました。

まず、このゲームを作っている人はヨコオタロウという人で、ドラッグオンドラグーン(以降DOD)1〜3とかも作っているんですが、ラストが理不尽ということで名高い。

今までファンタジーアクションRPGだったのに突然現代物音ゲーになったりする(しかも難易度は鬼畜で結果みんな死ぬ)。DOD1が2003年で、その頃の私はテイルズやナルト忍者なんとかにハマっていたので全く通っていないわけです。ということで怯えながら始めたわけですが。

まあこの記事を読む人はプレイ済みもしくは全く知らない人だということにしておきますね、ネタバレあります!が、ただ感想を垂れ流しているだけです

Sponsored Links

 

エンディングが多いことでおなじみのゲーム。

Aエンドは普通にクリア、Bはノーマル2週目、C・Dは武器コンプでクリア。そしてEエンドは資料集の中に小説として収録。

Aはまず、モヤっとする仕上がり。

最高にBADなタイミングで妹が発言をするところは資料集のインタビューで読むと偶然の産物というか、まさかここまで空気の読めない人間になるとは!という具合だったとか。しかも助けても本体はゲシュタルト化しかかってるから結局黒文病は治らないし、魔王もデポポポもいないからレプリカント体は新たに作られずやっぱ死ぬって語られていて、おいおい…って思った…

Bはカイネ復活からスタート、マモノの声が聞こえます。どういう風に生きたのか、突然のノベライズです。でもまあ、やり甲斐はあった!

Cは普通に悲しくて、Dは全データ消去からのニーア消滅エンドです。

Eはまさかの復活エンドですが、魔王は死んでるから理的に結局この世界は滅びるんだよなあ、でも最後は3人で過ごせたんかなあ…みたいな。

全体的にカイネさん不憫すぎん…?

タイトルになっているレプリカント、は、作中でも重要な単語なのだけどそれは一切説明されず、何もかもが不完全なまま全エンドが終わります。

なぜ妹はさらわれたのか?ラスボスである魔王は何者か?アンドロイド?塩化?魔素って?人体実験?結局白と黒の本は何?冒頭の現代風の世界観は?ゲシュタルト化って?

もう本当に全てが回収されないまま終了。

答えは設定資料集の中に、と聞いて速攻でメルカリマンです。

読んでいくうちにようやくわかり始める全体。

DOD1のEエンドで完全なファンタジーなはずだったのに何故か突然新宿にブッ飛んで、なんかデカいボスと戦って倒して(死んで)その時に飛び散った魔素がうんぬん、ということでそこから1000年後?ってことらしいけど、DOD1リアルタイムでやってたら?????????ってめちゃくちゃなっただろうなあwだってドラゴンがいきなり新宿に飛ばされて死んで完、なわけなのだから…

どうやら世界の設定が全く明かされなかったのは制作の意向で、現実の世界では本当に何が起こっているのかわからないまま進んでいく様子を表したかったとか。理解、ム、ムズ〜〜〜

資料集には年表と用語集があり、それでようやく世界が補完されました。

ニーアがしていた裏の仕事や、作中では特に語られないカイネの両性具有、エミールはゲイ(ゆるす)

確かに、現実の世界ではわざわざ悲劇的に書いたりしないもんね、その人がそういう風に生きていることは息をするように当たり前ではある。

と、妙に納得したところで見事に毒されている!!と思ったのでした。

まあ今さら超ハマったよね!!ソロギター集も買ったし!(ゲロムズ)

はやくオートマタもやりたいんですけど!!!!

それにしても、発売すぐに買ったキングダムハーツは全然進まない。出てくるキャラがわからなすぎてイマイチのめり込んだりしないというか…アナ雪見るまではやめれんけどね!!!すき

というわけで、ゲームの話でした。

アニメも最近はわりと見てるので書くこととする。にわかオタクですけど!とりあえず今季ケムリクサが最高でしためっちゃ泣けた

おわり

Sponsored Links
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*