フェレットさん、突然レントゲン取ることになった日の話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どうもどうも、Alceaです。

急に動物病院へ駆け込むことになった、先月の話。

いつも通り朝起きて、まずは㍉太郎に挨拶。私がメインで生活している部屋中㍉太ハウスなので放牧。

その日は、次の日から長崎旅行へ連れて行くことが決まっていたので、フェレットホテルへ預ける準備をしようと思っていたところでした。

しかし、突然㍉太の呼吸に異変が。

コヒュー、コヒュー、って息をしてる!!

ど、どうしたのですみりたさん!!

いつもと明らかに違う呼吸音。様子を見ていると、息苦しそうにヘチャン、と動かなくなってしまいました。

うちの家は物が多いので、誤飲には特に気を付けていたのだけど、何かを食べてしまったのでは……

一番思い当たる節は、絨毯です。

というのも、引っ越して半年も経っていないのだけど、キレイにリノベーションされた物件だったため畳が新品でツルツルしていてとても走りにくそうだったので、毛の短い絨毯を敷いているのです。

しかし人間から見て毛が短いと思っても、フェレットにとっては掘るのにちょうど楽しい素材。よく掘っては歯をねじ込んでガジガジしていて、それを始めたらすぐ止めていたのですが、いつのまにか飲み込んでしまったのかもしれません。

f:id:miminaga_alcea:20190312010723j:plain
異国風のでかい絨毯。ちょうどいいと思ったし安かったんだモン

アタフタとすぐに準備して、病院の準備!!

引っ越して行きつけからは遠くなってしまったため、以前近くのエキゾに強いペットショップから聞いたフェレットドックも見てくれると評判の病院に一か八か連れて行くことにしました。

検索してみたら、院長さんの自己紹介写真がすごく愛しそうな顔でフェレットを抱いているじゃないか!こりゃええわ!

出発する頃には㍉太の呼吸と元気はもとに戻っており(あれ?)やっぱり喉に繊維とか糸くずとかが絡まってて飲み込んだのかな?と思ったものの、翌日からはフェレットホテルへ預けてしまうため病院へ行くことに。

平日の朝だったため、待合スペースはのんびりした空気。わんこたちがぼんやりと待っています。

割とすぐに呼ばれて、優しそうな眼鏡の、あのフェレット院長が見てくれました。

いつものようにうなぎのごとく暴れる㍉太を掴んで見つめるなり、

「おまえ、かわいいねえ〜〜(とろけ顔)」

あ、この人ええ人やわ( ´ω` )

「誤飲かもしれないとのことで、念の為レントゲン撮っておきましょうか?」ということで、撮ってもらいました。

骨ほっそ!ゆるやかぽっちゃりなおなか!何も問題はなく、健康体の可愛いレントゲンでした(レントゲン写真の写真を撮りたいくらいだった)

「また何かあったら来てください、まあすぐに病院につれてきてくれる飼い主さんだから大丈夫でしょう。それにしても…かわいいですねえ〜〜〜〜」といってもらえて、ほっこり。院長、メロメロ、メロ太郎でした。何を言っているんですか私は??

ちなみに、レントゲン代は確か9000円くらいだったかな、でも保険適用で4000円くらいだったような。先月のことなので忘れてしまいましたが、まあまあ安くなった気がします。

保険は使える回数がプランによって決まっているので、毎回使うかどうかが選べます。なので高い時と、お金が無いときだけ使っています 笑

来年度も入るかは悩みどころ…フェレットは1年で2万以上するしねえ。

そのうち絨毯変えなきゃな、でも買ったばかりだし柄も気に入ってるし…って思っていたけど、もう春には変えます!すぐに変えられない理由は、まだどれにしたらいいかすごく迷っているのです。

フロアマット?タイルカーペット?あんまりお金もかけられないし、ちぎって食べたら意味ないし…とうぶんはまだ迷いそうです。

f:id:miminaga_alcea:20190312011208j:plain
12時くらいの㍉太はめっちゃスリスリスリスリしてくる。みんなおやすみ
Sponsored Links
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*