働くことについて、きっと偏っている私の考え方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

さて、まもなく会社を辞めます。

稼ぐということが生活に直結していくであろう今後。

今までは会社に通っていれば居眠りしてようがお金がもらえたけど、当たり前にそうはいかない。

そもそも、フリーランスとして働くことを決めた理由は、
「自分の好きなことで仕事したい」「もっと稼ぎたい」とか前向きな話ではなくて、
「これしかできない」し「毎日会社に行きたくない」というのが主な理由だった。

座っているだけで給料がもらえる事にも、まあいいかを繰り返して考えることをやめて、会社に慣れて小さく文句を言うことも、どんどん気持ちが死んでいくみたいだった。

新卒がすぐ辞めた、とかいう話ではないです(  ˘ω˘  )

正直に生きてるんだもん!!!会社はつまらないんだもん!!社会不適合者であることは認めよう!!!

ま、まあ、そのために「最底辺でいいから生活できたら良い」という考え方が根本にあって、とりあえずは半分バイトだろうが構わないし、沢山頑張る方向性で進んでいいかもわからない。

そもそも、父親は定職に就けない人間だった。

いわゆる反面教師な部分もあって、絶対会社員じゃないといけない!家族に心配をかけてはいけない!と思っていたけど、もうアラサーに踏み出したところです。
自分で生活していきたのだから、どういう選択をしようがもう何も問題はないよねえ。

関係ないけど少し前、”女の価値について”みたいな話を聞いた。

40歳で女の価値はなくなるって何かで言っていたらしい。

彼女は何の気なしに「それまでに結婚しなきゃ」と言った。

あまりそういうの考えたこと無くて、違う次元にいる人の話を久しぶりに聞いたなあ、とぼんやり思った。

結婚しても幸せになれるわけではない。(もちろん、幸せになれる人もいる!)

女として、それを大きく掲げて生きてきた人が価値を失ったらその人は何なんだろう?

人間の形をした何か?

また逸れた!

フリーランス含め、色んな働き方について色々調べているうちにこんなブログに出会った。

dropoutlife.net

この人は、本当に最低限しか働かないという。

週2と少し。

本当はいくら稼いでいるかわからないけど、結構、賛同してしまう。

社会的に見たら、将来を考えたら、とか色んな意見があるかもしれないけど、これはその人の生き方。何も問題はない。

そもそも生き方に意見や文句を聞いてもないのに言ってくる人は、いかに自分の人生が素晴らしかったか、みたいな部分に軸を置きがちで、アドバイスをしているんじゃなくて人生の自慢をしているだけだと思う。

沢山の人間と考え方があるのだから、それはそれで良いじゃないか。

ここまで極端に生きるつもりはないけれど、空が広いところで歌を唄って、フェレットとキャッキャして、たまに人が集まるところへ行って楽しく遊んで、それで十分。

どうしても都会は息が詰まるのだ。

まあ都会育ちなんですけど!笑

週の半分が割引になった豆腐とうどんでもいい。別に美味しいし。もちろん、お金は大事ってよく分かってる!!

働く気もある。

でもそういう考え方って許されないのでしょうか。むずかしいこと考えないで、楽しく過ごしたいものです!

Sponsored Links
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*